ちっぷの嵐日和〜嵐はあけぼの〜(仮)

嵐と関ジャニ∞とTOKIOが好きです。ここではジャニーズのこと書いていきます。Twitterは@ik_jjj

アンリーに浸食された思い出を取り返しに行く

待ってろあの頃、待ってろあの頃の自分、

すぐにむかえに行くぞ、あの頃の嵐。

 

 

本題に入る前に、自分の思うアンリーとは何かと、自分の思うアンリーの基準を、ここで言っておこうと思う。 

 

 

アンリーとは、他のメンバーをアンチするオンリー担のこと。

他メンアンチオンリー担、略してアンリーだ。

 

これが今ジャニヲタの間で問題になっている人の事で、

嵐ファンのみならず、他のグループのファンも、これには頭を抱えている。

 

 

自分の思うアンリーの基準は、

一言でも、一瞬でも、自担以外のメンバーを中傷した地点で、

それはもうアンリーである。

 

心の内にとどめておくならまだしも、

公に言っちゃいかんでしょ。

 

いや、自分は、

メンバーに対して悪い感情を抱くって地点でもうすでに考えられないのだが。

 

 

アンリーは、どんな事をして来たか。

アンリーは、メンバーへの誹謗中傷だけでなく、

エピソードの捏造、インタビューの曲解、

ヒドい奴は、中傷を書いたうちわを、現場に持ってくる。

 

Amazonのレビューや、ヤフコメがひどい有様なのは、

全てアンリーの仕業である。

 

奴らは到底ファンとは言えない行動に、平気で出る。

おかしい、おかしいよこんなの。

 

 

 

そんなアンリーに、浸食された思い出を取り返したいのだ。

 

何があったか。ちょっとここいらで、

自分とアンリーの忌まわしき思い出を、語らせておくれ…

 

 

 

自分がアンリーの存在を知ったのは、

とあるブログでのことだ。

過去にも書いたが、

自分が好きで読んでいた智担のブログが、

だんだんおかしくなって、アンリー化した。

 

そこでその人に流されず、正気を保っていられてよかった。

 

 

 

初めてその人のブログを読んだのは、2013年の年明け頃だった。

 

ちょうどその頃、リーダーdr期で舞い上がっていた。

もちろん、アンリーの存在など、当時は知らなかった。

 

それで、リーダーの事をもっと知りたい一心で、

ネットを漁っていたら、

その人のブログに当たった。

 

最初はその人のブログを何気なく読んでいたが、

やがて、自分はある事に気付き始める。

そう、このブログ主、だんだんと訳の分からない方向に暴走し始めていた。

担当は違えど、リーダーが好きという共通点をもってしても、理解出来なかった。

 

そして、アンリーのテンプレ通りの人になってしまった。

あれはもう、リーダーのファンじゃないね。

 

 

思えば、あの人が決定的にアンリーになったであろう瞬間は、2013年の秋。

ちょうどその頃、Jが主演する、陽だまりの彼女という映画が公開される頃だ。

その宣伝で、JがホンマでっかTVにゲスト出演した時の事だ。

 

Jがコンサートの構成を考えていて、

細かいことが気になる、思ったことをすぐに言ってしまうという悩みを打ち明け、

コンサートを作る上での話をしてくれた。

その中で、リーダーからのJ宛の手紙が読まれた。

 

「思ったことをすぐ言ってしまうのは、周りをよく見ているからこそだと思う。

実際にコンサートでの曲の途中、僕が上着を脱ぐタイミングを忘れていたとき、

ジェスチャーで教えてくれて助かった。」

「うちの松潤は本当に完璧な男」

と。

その後のJの照れて「ありがとうリーダー」と言ったとこも最高だった。

 

 

私は、Jのコンサートに対する熱意で感動していたのに、

他のアンリーどもは叩いてばっかり。

あのブログ主も、ご多分に漏れずだった。

何をどう叩いていたのかは、覚えてないし思い出したくもないね。

あ、リーダーがあだ名みたいなもので荒れてたんだっけ。

 

おかしいよね、自分たちのためにあれだけ工夫してくれてて、

トロッコの道の板を緑に塗って、

メンバーを思って配線のことまでちゃんと見て。

 

Jが思った事をすぐ言ってしまうのは、私もリーダーと同じく、

本当に周りを良く見ているからだと思います。

周りを良く見て、考えるからこそ、言うんだと思います。

 

それに、リーダーがあだ名なのは、Jだけじゃなく、

他のメンバーも言ってなかったっけ?

本人も言ってたはず。

それに「リーダーはあだ名みたいなもの」であって、

本当にあだ名ってわけじゃないのに。

 

何で叩かれらなアカンねん(素が出ると関西弁になる関西人乙ですね)。

 

忌々しいことに、今でも、

ホンマでっか 松潤でググったら出て来たよ。

そう、アイツが…

 

 

それから自分の勘違いにようやく気付いた。

 

気付けばアイツは、

あの人はP・A・R・A・D・O・Xの振付師にも、

Mステのカメラワークにも、

LOVEのカメラワーク(アンリーってカメラワーク好きだなw)にも、

 

VS嵐にも、嵐にしやがれにも、

あれにもこれにも、

 

文句ばっかり。イチャモンばっかり。

 

好きで読んでたブログだけど、

いつしか自分はそのブログを読まなくなった。

 

そもそも俺は何であんなブログ読んでたんだろう。

おかげでリーダーdr期も終わってしまったし。

 

 

ぜーんぶアイツのせいだ(憤怒)!何もかもアイツの仕業だ!

決めつけてやる、アイツのせいだ。って。

だってアイツは、見つけた粗をなんでもJのせいと決めつけていたからな。

 

とは言ってみたものの、

あのブログ主が自分に読めと言ったわけじゃない。

自分が勝手に読んだのに、

こう思うあたり俺ってクズ。

 

何より、そのブログ主をアンリーであると見破るのに、

1年もかかった自分が情けない。

 

でも、過ぎた時間は戻らない。

俺の2013年は、ヤツによって台無しにされた(クズ発言再び)。

ま、勘違いした自分も悪い。そりゃライブ当たらんわ(LOVEコンは落選した)。

 

 

 

よし、じゃあ、ひとしきり鬱憤を吐き出した所で、

 

タイトルにある通り、アンリーに浸食された思い出を、

取り返しに行こうじゃないか。

 

 

名付けて、

アンリーをぶっ飛ばせ!嵐の素敵な思い出取り返しツアー!!(ネーミングセンスは突っ込まないでね)

 

 

あなたが取り返したい、アンリーに浸食された思い出は、なんですか?

 

取り返しに行こう。

 

自分のその第一歩が、この一つ前の記事。

 

やり方は至って簡単だ。

もう一度じっくり、見てみるといい。

そしたら、嵐の素晴らしさに改めて気付くだろう。

アンリーの戯言なんて、ちっぽけさ。

 

アンリーのせいでどうこう言う前に、

自分の目の曇りを払い、

初心に返って、嵐をもう一度見つめれば、

何かが変わるかもしれない。

 

よし、これからそうしよう。

 

 

あと、経験談だが、

正直、つっまんねーなーと思っていた、

嵐のレギュラー番組2つは、

ツイッターで実況をはじめてから、ぱっと面白くなった。

それは、いい所を探して、書き込むから。

そしたら、どんな些細な事でも、

面白いと思うようになった。

 

 

それから、あれこれ考えて嵐を見るより、

自分の直感で、嵐を見よう。

それはレギュラー番組もそう、

コンサートもそう。

小難しく考えるものじゃない。

直感でいいんです。感じるままでいいんです。

 

 

 

アンリーをぶっ飛ばせ!嵐の素敵な思い出取り返しツアーのやり方

 

一、出会ったあの頃を思い出し、初心に返る。

一、いい所たくさん探す。

一、考えるな、感じろ。

一、嵐を信じる。

 

 

そうすると、嵐がよりいっそう楽しくなる。

嵐を見ると、笑顔になる。

 

そうすると、視野が広がり、ポジティブになるだろう。

 

あ、

今年のワクワク学校で、Jが言ってた。

「日頃から視野を広く持ち、実践する!

1回成功するために、9回失敗する。

前向きに世界を見つめれば、あらゆる所に運が転がっている。」

と。

 

だから我々嵐ファンも、

アンリーに屈してネガティブになるより、

ポジティブに嵐を見れば、もしかしたら…

 

 

↓グダグダですがよければ…↓

嵐のワクワク学校2016感想〜J×カミヤマン×こたっきー5時間目ラッキーマンと残念な奴の違い〜 - ちっぷの嵐まみれ☆嵐コンサートイベント感想等

 

 

 

最後に。

 

アンリーのせいで、大野くん苦手になりましたって言ってる人は、

アンリーに負けた人だと思っている。

 

アンリーは、むしろ、

それが目的なんじゃないかとも思っている。

 

自分は、アンリーに負けない、流されない!

 

アンリーの思う通りには、行かせないさ!

 

 

 

というわけで、出ようか。

アンリーをぶっ飛ばせ!嵐の素敵な思い出取り返しツアーに。