ちっぷの嵐日和〜嵐はあけぼの〜(仮)

嵐と関ジャニ∞とTOKIOが好きです。ここではジャニーズのこと書いていきます。Twitterは@ik_jjj

ジャポコンのソロの感想

ここからは、手始めに、先月24日に発売したジャポコンのDVDの感想でも書いてみる。

 

んっと、ジャポコンは、自分にとっては、とくにソロが印象的で、

今までのタイトルのなかでも一番と言っていいほど、それぞれの個性がはっっきり出てたんじゃないかな。

メンバーにそれぞれお題が出てたからというのもあるけど、

メンバーがやりたい事や挑戦が、今回のソロには全員ぎゅっと詰まってると思います。

 

メンバーにソロが印象的だって思った事自体は、アルバムの頃からそう思ったけど、

やっぱり耳だけなのと、コンサートに実際に足を運ぶ・DVDを見るということをして、目で見てみるのとでは、やっぱり違うんだね。

 

まずは、皆様お疲れ様でしたってことと、スゴかったよってことと、

またコレくらいパンチのあるソロが見てみたいって、思いました。

 

 

 

で、何がどう印象的だったのかを、メンバー一人ずつ感想を述べようと思います。

 

 

まずはにの。

とにかく新鮮だった。

今まで、にののソロ=自分で作詞作曲した曲をギターの弾き語りで歌ってる

って言う方程式が自分の中にあったので。

あと、にのの作詞作曲した曲に耳が慣れてしまったからなのか、

にのの声でにのの詞じゃない曲が聞こえるとやっぱり新鮮だなって思ったかもしれない。

 

それから、にののソロは自分の好み上、あんまり何回も聞かないのだけど、

今回のMUSICは、もうガンリピで、一番好きなにののソロですね。

 

そしてそのにののソロを、コンサートで見たとき(視覚情報として自分の中に改めて入れた時)、もう、にのの可能性に目を見張るばかり。

正直にのって、あんまりガシガシ動いてる印象なくって。

だから、にのがタップダンスやるって聞いた時はちょっとピンと来なかったのだけれども、

にのはすげえ!さっすがにの!矢張りジャニーズだと、改めて思いました。

 

タップ自体もただのタップじゃなかったし(何かこう言うとこ嵐らしいなって思いました)。

電子音に変わるとかすげえ時代になったモンよ。

それがMUSICって言う曲とマッチして、よりしっくりくるモノになってたと思います。

 

あと、にのってゲームが好きだったよね。だからなのか、

MUSICとにのは、ぴったりであった…

今までのしっとりしたピアノや、熱いギターも似合ってるけど、

こう言う組み合わせもアリと、新たに発見しました〜!

 

因みに、自分の音楽プレーヤーのプレイリストには、

一、自分好みで

一、聞いていて気分が盛り上がって

一、曲名が英語

という条件をクリアしたソロ曲を集めたプレイリストがあって、

長い事その中にはにののソロだけが無かったのだけど、

MUSICは見事、そのプレイリストの中に入れる事が出来て嬉しかった。

コレで全員そろったって言う感動も込みで嬉しかったです。

 

 

次にJ。

最初このDon't you love me?を聞いた時は、うーん…って思ったのだけど、

何度も聞いているうちに、あ、いいな〜と思うようになって、

だんだん好きになって行った曲ですね。

 

自分は、Jのソロって、視覚情報に変換出来てなんぼと思っています。

どう言うことかと言うと、耳で聞くだけじゃ足りないんです。映像も欲しい。

この2つが合わさって、はじめてJのソロと言えると思うんです。

 

変な話だけど、自分、集中して曲聞いてると、頭の中に映像が流れるんですよ。これは、Jに限らず、嵐に限らずみんなそう。

つまり、曲を聴きながら、自分の頭の中で自分だけの、自分しか見る事の出来ない、ミュージックビデオを作ってる(妄想してる)んです。

ん?おかしい?うん、知ってる。

 

それが出来る、イメージしやすい曲が多いのが、Jのソロ。

で、Jの曲は、自分の好み上、嵐の中で一番好きな曲が多いんです。

だからこそ、Jの曲はイメージが沸きやすいんです。

しかし、第一印象のDon't you love me?は、それが出来なかったんです。

だからうーん…だった。

でも何度も聞いているうちに、じわじわイメージが沸くようになって、

それで今は好きになったわけです。

以上変態の戯言でした〜

 

で、自分がイメージしてたJのソロの映像と、

実際にJ本人が演出するのとでは大きな違いがあるのは百も承知です。

いい意味で裏切ってくるよね、彼は。

でも、やっぱり裏切らないんですよ。

 

Don't you love me?で、パルクールをやるって聞いてから、

あーはいはい、ほうほう…ふんふん…あ!

って感じで、ぽんっと出てきました。

でも、バク転が出来ないと公言していた彼が、こんな事できんのかな〜…って、正直思ってしまった。ごめんねJ。

でも、やっぱり、クリフクライムみたいな、全身を使う運動が得意な彼だから、

出来るの?という疑問より、バク転せずにパルクールをどう見せてくれるのかな?っていう期待の方が、大きかったです。

 

で、実際に見てみたところ、矢張り彼は裏切らなかった。

彼の身長より高い所からのジャンプが華麗で、

うわ〜天使が降って来たって思いましたな!

 

あと、Jのソロ曲にはストーリー性があると、自分は思っていて、

Don't you love me?はそのストーリーを、パルクールと共に、見事に演出してくれたと思っています。

自分だけじゃなく、他のファンの人たちもツイッターとかで言ってた通りだと思います。

Jのソロはそういう所が一番好きです。

 

 

次は翔くん。

Rolling daysの曲は、最初から好きでした。

MUSIC同様、新鮮で。本人もあらジャポトークで挑戦だって言ってたし。

自分もちょっと舵切って来たなと思いました。

翔くんのそろって、結構バリエーション豊富なんじゃないかな?

夢でいいから、Can't Let You Goみたいなしっとりした曲もあれば、

Hip Pop Boogie、Fly on Fridayみたいな盛り上がる曲、

あげたらキリ無いくらい、いっぱいあると思います。

 

その分、自分の好みに合うものも、結構バラバラで。

やっぱり一番好きなのは、Hip Pop Boogie、Fly on Fridayみたいな盛り上がる曲。

で、Rolling daysは好き。

 

そんなRolling daysって、どろっとした感じのイメージで、

T.A.B.O.Oと同じ匂いがした。

T.A.B.O.Oって、エロくてセクシーなっていうイメージじゃないですか。

でも、そんなT.A.B.O.Oでも、翔くんのイメージにあった、

ポップで、アップテンポな曲であるというのは、変わらなかったです。

しかし、Rolling daysは、ホントに変えて来たなって思いました。

新鮮でしたね。ホントに。

まあ、T.A.B.O.Oも好きです。

 

翔くんはもう皆ご存知の通り、リズム感は抜群だし、

もし嵐がバンドをやったなら、ドラムは絶対翔くんだと思ってます。

でも、ドラムラインっていうのを、Rolling daysでどう表現するのかは、実際のもの見るまで全くピンと来なかったんですよ。

同じ匂いのT.A.B.O.Oは、踊ってたし。

だから、Rolling daysも、踊ってほしかった。ライブ見るまでは。

 

でも、実際に見た感想は、「キャー、翔くんセクシー!」では無く、

「おおー、翔くんすごーい!」だった。

で、コレは、翔くんの策に嵌められたなって思った。

Rolling daysは、セクシーとか、エロいとかそういうのを見せるんじゃなくって、

とにかく、Rolling daysとドラム、その融合を、ライブで見せようとしたんじゃないかな?と思いました。

Rolling daysのどろっとした、セクシーなイメージをライブで〜、と、思い込んでいた自分が浅かったな。こりゃ一本取られたな。

改めて翔くんの引き出しの多さを思い知りましたね。

 

 

次は相葉ちゃん。

相葉ちゃんのソロは、相葉ちゃんのイメージそのままの、爽やかでかわいい軽快な曲。

いつかのSummer、Friendship、Hello Goodbye…みたいなイメージだ。

そう思っていた時期が、私にもありました。

 

でも、その爽やかで〜、可愛らしくって〜って言うイメージに揺らぎが出来たのが、Magical Songを聞いてから。

で、完全に崩れ去ったのが、Disco Starを聞いてから。

さらに、崩れ去ったそれを、まだいくかと思ったのが、今回のソロ、Mr.FUNKを聞いてから。

 

でも、一つだけは絶対変わらないものがある。

それは、”相葉ちゃんらしい”ってこと。

正直、Disco Starも、Mr.FUNKも、相葉ちゃんにしか出来ないと思う。

 

それに、ここまでいじられ、ネタにされ、そして愛された相葉ちゃんのソロはあっただろうか。愛される曲はたくさんあるし、ジーンと来る曲も、楽しくなる曲もある。

でも、ここまでの衝撃と、はっちゃけっぷりと、熱くなれる曲は、自分としては、初めてだった。

今後も相葉ちゃんの、2人のカリスマから目が離せない。

 

さて、Mr.FUNKという曲自体なんだけども、最初はイマイチだった…

イメージも出来ないし、ラップのとこ笑っちゃった…ごめんね相葉ちゃん…。

 

でも、雑誌などで手に入る前情報で、気性が荒い、喧嘩っ早いというFUNK様の性格、

何より、相葉ちゃん本人も言った通り、歌詞にもある通り、Disco Star様のライバルであるということ。

そういう話を聞いてるうちに、愛しくなって、もう大好きになっちゃって。

ジャポコンで一番楽しみだったの、このMr.FUNK。

 

だけども、Mr.FUNKとエアリアルティシューは正直全く結びつかなかった。

エアリアルティシューをググって、え?相葉ちゃんエアリアルティシュー!?え?これ!?ええ〜?と思って。

そんな事より、相葉ちゃんこれやんの!?うっほ!セクシーセクシー!と思ってしまい、Mr.FUNKが楽しみなのか、それともエアリアルティシューが楽しみなのか分からなくなってしまった。

 

しかし、FUNK様はやはりカリスマであった!

 

自分が見たかった、Mr.FUNKとエアリアルティシュー、全部見せてもらった。

相葉ちゃん…いや、FUNK様のたくましい胸板、腕の筋肉、(あと乳首)

舎弟を率いて堂々と闊歩するFUNK様と、健気に付いて行くFUNK様の舎弟(Jr.)たち。

そして大技、エアリアルティシュー。

しばらく抜け出せんな、このデレ期は。

 

エアリアルティシューに関しては、命綱無しで、体に巻き付けた布だけでぶら下がってるんでしょ?怖いよね。きっと相葉担の皆さんは心配で、気が気で無かったのでは?

でも自分は心配しませんでした。

彼なら、相葉ちゃんなら、FUNK様ならやってくれるって、信じてましたから。

そして彼はやってくれた。お見事な大回転でした。流石カリスマ。

このために、体脂肪率一桁にして、血の滲むような努力をしたんだろうなって思うともう…カリスマは一日にしてならず。カリスマにもカリスマなりの努力があるのだなあ。

 

あと、FUNK様は、ホントに、Disco Star様のこと嫌いなんだろーなーって。

映り込んでたバックスクリーンの映像、Disco Star様の写真が所狭しと並べられてて、その上に、どどんっと、FUNK様の写真を置いてしまうあたり、

FUNK様のDisco Star嫌いがよく伝わってきましたね。

でも、もっと違う出会い方をしていたら、Disco StarとMr.FUNKは、いいコンビになったんじゃないかな?と思うのは間違っているのだろうか…。

 

と、突っ込みどころ満載のMr.FUNKでした。

自分はすっかり、Mr.FUNK教の信者です。

あ、そんな鍛え上げられたFUNK様の腰フリマジたまんねーかったっす!

 

 

最後はリーダー。

リーダーの暁が一番分かりやすくJaponismだったと思います。つまり王道。

これをJaponismと呼ばずして、何をJaponismと呼ぶのか。それくらい王道。

 

リーダーのソロって、あらジャポトークで翔くんも言った通り、コレって言うのがもう決まってる。

自分もそうだと思う。やっぱリーダーらしいなって思うもんね。

で、嵐の中で、一番揺らいでない。安定のリーダーソロ。そー言うとこリーダーだなって思います。

でも、暁って、結構変えたみたいでも、それでもリーダーだったよ。

それは、リーダーのこだわりの強い性格がなせることなのかな。

 

自分の好み的に、リーダーのソロは、好みに合うもの合わないものが激しいわけでもなく、結構どれもすんなり受け入れられるのだけれども、

コレがガツんと来たってのも正直無くって。

だから、暁は、自分の中でちょっと、キタかもしれない。

 

で、暁がJaponismの王道なのは、

自分が思いつく日本のイメージと言ったら、とにかく和。和っぽいもの。

で、暁は、Japonismのイメージにもっともと言えるくらい近いと思ったんですよ。

 

それに、似合ってる。

Jr.のころから京都で修行して、プーシリーズの舞台やって来たからなのか、

リーダーは、和風が似合ってると思う。

 

で、この暁と、マスクマジックって聞いても、イメージ出来ないとか、ピンとこないってことは、まず無かった。

あーはいはい、般若の面とかね、はいはい。って思った。

 

でも、リーダーの暁はコレだけで終わらなかったんだな。

まず、めまぐるしすぎて。色々。

ま、マジックなんだからそうなんだけど、

傘どっからでてきたの!?リーダー瞬間移動した!!え?仕組みは?

と、付いて行けない。

で、安定の歌とダンスね。

 

リーダーってやっぱり安定してるなーって思いました。

普段ふわふわしてるのに、どこにこんなパワーが隠されてるのか。

 

 

 

ソロの感想はざっとこんなもんですかね。

 

ソロ一つでコレだけ語れるのは、もう、それだけ自分の中に、ジャポコンのそろが印象的だったんですよ。

みんな挑戦だったし。みんな新鮮だったし。

 

みんな練習とか、仕込みとか、大変だっただろーなー。

でも、その分こんだけの完成度のものが見れて、自分が嬉しい限りです。

 

これからもこんなパンチの効いたソロが見たいと思いました。

 

最後に、一番好きなソロ発表しよう。

もう大体予想はついてると思われますが、相葉ちゃんのMr.FUNKが一番好きです。

もう立派な信者です。これからも、このDisco StarとMr.FUNKのこと、見守って行きたいと思います。